地政学を英国で学んだ
しばらくお待ち下さい。





日本の国益を考える
無料メルマガ「アメリカ通信」


THE REALISTs リアリスト入門


THE REALISTs リアリスト入門

なぜ、日本にリアリズムが必要なのか?

これまでニコニコ動画やYoutubeで展開してきた
The Standard Journalアメリカ通信でのメインテーマは、

『地政学』 『プロパガンダ』 『リアリズム』

の3つです。

これらの3つが足りない、理解できないから、
日本の危機を晴らすことができない...

そう思って番組をスタートし、これまで続けてきました。

すでに『地政学』については
本格的に切り込んだCDを作っております。
内容的には地政学について、
一旦すべてを出し切って完成させております。

『プロパガンダ』についてまとめたCDもありますが、
ただ、この点は『戦略の階層』
そしてその中の戦略の考え方、
「ウソ」や「イメージ」としても、何度もお伝えしてきました。

ただ、まだ日本では諸外国の仕掛けてくる
プロパガンダに対抗する考え方は普及してませんし、
ましてや日本側がプロパガンダを
応用していくという考え方もありません。

なので、再度まとめ上げが必要だとは思っています。

現実よりも、ウソの世界観を広めたら
それで世界は動き出すという点を
これからもっと強調したものを、 と考えています。

--------------------------------

さて、最後の『リアリズム』ですが、
これが今回のCDのテーマです。

右側にある書籍の画像を御覧ください。
リアリズムについて述べた数々の本であり、
今回これらの本を熟読してきた奥山先生に
リアリズムについて解説していただきました。

まだ日本で翻訳されていないものもありますから、
それが現状の日本のリアリズムの
周知度、理解度を表しているといえるでしょう。

番組では、
「日本にはリアリズムが必要だ!」
ということをずっと強調してきました。

でも、なぜ必要なのか?
そもそもリアリズムって何なのか?

などを理解していただくように、
決定版として作成いたしました。

内容としては、3部構成になっています。

第一部として、
リアリズムの定義と、リアリズムを提唱してきた、
8人のリアリストたちを紹介し、

1:ツキュディデス
2:マキャベリ
3:ホッブズ
4:ニーバー
5:E・H・カー
6:モーゲンソー
7:ウォルツ
8:ミアシャイマー

彼らの主張と葛藤の歴史に迫ります。

第二部として
あなたもリアリストになれる珠玉の名言
で、リアリストの思考法を確認していきます。

そして、お聴きになったみなさんに
わかりやすくする理解していただくため、
やはり、理論はお勉強でなく、実際的であるべきだという
我々アメ通チームの信念にも沿った形で、

リアリズムを学んで、活かせないなら
リアリズムを学んだことにならないのでは?

という観点から

第三部として、
個人の人生におけるリアリズム
個人のリアリズム
〜冷酷な現実を実感するために〜


という項目を付録的に付け加えております。
上記三部に加え、最後に「まとめ」もあります。

本CDの概要は、以下のような構成となります。

THE REALISTs
リアリスト入門

第一部
〜8人のリアリストたち〜
(収録時間 2:59:56 )


第二部
あなたもリアリストになれる!
〜リアリストの思考法〜
(収録時間 1:06:29 )


第三部
・個人のリアリズム
 〜冷酷な現実を実感するために〜
・まとめ (収録時間 31:23 )

価格45,000円